>

職人たちが丹念に仕事をする
工場のような存在でありたい。
イースト・ファクトリーという社名には、
そんな想いが込められています。

PHILOSOPHY

情熱と好奇心でしか、
つくれないものがある。

株式会社イースト・ファクトリーは、
クリエイティブに情熱をもった職人の集団です。
映像制作はもちろん、映像が関連するエンタテインメントであれば、
その規模やカタチにはこだわりません。
誰かを喜ばせたり楽しませることに熱く取り組み、
オリジナリティ溢れるコンテンツを生み出します。

日々進化していくテクノロジーをどう活用するか。
ますます多様化していく文化や娯楽をどう切り取っていくか。
さまざまなアイデアに想いを馳せ、情報を集め、技術を磨き、
常に成長していくことを忘れません。

しかし最も大切なことは、情熱です。
私たちはものづくりに対する情熱をリレーして、
コンテンツが持つエネルギーを増幅させていきます。
そのエネルギーこそが、誰かの心を動かす原動力になると信じているから。
だから、どんな規模の創作であれ、そこにかける熱量を変えることはありません。

イースト・ファクトリーに集まっているのは
好きなことも得意なことも異なる個性的なクリエーターたち。
私たちのアイデアと技術、そして情熱を紡いだ創作の数々が、
世の中を豊かに彩っていけたなら幸いです。


代表取締役社長 佐久間大介

MORE
私たちのつよみ
ものづくりにかける「情熱」。
技術や知識だけに頼らず、想像と行動に価値を見出せる「柔軟性」。
失敗の恐怖より、挑戦することの魅力を忘れない「好奇心」。
得意技を出し合って、
誰も見たことのないものを創造できる「チームワーク」。
私たちがつくるもの
映像と映像が演出できるものすべて。
そして、それをつくる
新たな才能と出会えるもの。
私たちが目指すこと
誰かを楽しませること。誰かを幸せにすること。
誰かを豊かにすること。誰かを応援すること。
誰かを悲しませないこと。

VISION

私たちの事業は、
テレビ番組・インターネット番組・劇場用映画の企画と制作。
さらに、そうしたメディアに定義されない
自由で多様なコンテンツの創造です。
それらを有機的に相互作用させることで、
これまでの制作会社になかった
ノウハウやアイデア、リソースを育み、
独自の循環モデルを実現していきます。

イースト・ファクトリーが目指す
ものづくりの循環モデル
① クリエイションの応用展開
② リソースの共有と連携
③ ユーザーの相互送客