>
佐々木 未来
DIRECTOR
ディレクター

佐々木 未来

Miku Sasaki

テレビに愛を注ぐ若手ムードメーカー

2016年入社。幼い頃からテレビ業界に憧れを抱き、目指すものの、夢破れ、一旦は別業界に就職。
しかし、テレビ業界への情熱を捨てきる事が出来ず、イーストグループの秋採用に応募。
現在は、若手ディレクターとして日々奮闘中。

INTERVIEW

「何事も“その先”にいる人を想像して取り組む」

ADの仕事は、会議の準備やロケの仕込み、スケジュール管理、取材交渉など多岐に渡ります。それはもちろん、将来ディレクターになるためにどれも欠かせない経験です。例えば、会議資料の作り方ひとつ取っても、「どんな風にしたらみんなに伝わるのか?」考えながら作成することで、プレゼン力を鍛える事が出来ますし、今はディレクターが取材交渉する際に、隣で聞いている事しか出来なくても、先輩の言葉の選び方や交渉の仕方を見て学ぶ事で、将来自分がディレクターになった時の引き出しを増やす事が出来ます。また、ADの仕事は、テレビ業界の華やかさとは裏腹に、一見地味な仕事やつまらないと感じてしまう仕事が多いかもしれませんが、実は、番組を支える重要な基盤だと思います。何ひとつ欠けていい仕事などはなく、何事にもその先にいる人を想像しながら仕事を行うことで、よりいい番組作りに繋がると考えています。

「自分は未来の原石だと信じて頑張ります!」

次の目標は、もちろんディレクターになることです。まだまだ、力不足ですが、早く一人前になって、多くの方々に「面白い!」「楽しい!」「かっこいい!」と思ってもらえるようなコンテンツを世の中に届けたいです。どんな番組にも愛情を持って取り組み、日々成長していきたいと思います。

ABOUT WORKS

    番組の定例会議

    番組の定例会議には、局のプロデューサーさんを始め、作家さん、担当ディレクター、リサーチャーさんなどが参加します。会議資料の用意から、番組によっては、飲み物なども用意します。会議中は板書や議事録をとり、会議が終わったら、話し合った内容を分かりやすくまとめ、全員に展開します。

    板書

    板書は、会議の内容を整理する為の重要な仕事です。その場で出た意見や提案を聞き逃さないよう、集中力が必要・・私は、この“板書力”を買っていただき、とある番組に板書役のアシスタントとして出演させていただいております・・

    ロケの準備

    街頭インタビューや簡単なロケは、技術さんを呼ばずに、撮影機材を制作側で用意し、ロケを行うこともしばしば・・その際に機材を手配・セッティングするのもADの仕事。

    ロケ①

    この日のロケは、ある秘境駅に始発から終電までの約19時間!!張り込み、そこで出会う方々に、ひたすらお話を伺うロケでした。

    ロケ②

    ディレクターさんにチャンスをいただき、メインとなって駅で出会う方々にインタビューをさせていただきました。その出会いをきっかけに、先方のご好意で人生初のスタンドアップパドルを体験させていただくことに!普通ではなかなか見れないものや体験できないことを経験できるのもこの仕事の醍醐味だと思います。

MY WORKS

  • bpm

    WEB

    bpm

    AbemaTV

    2016.10 −

MESSAGE

イースト・ファクトリーは社員同士の距離感が近いところが魅力だと思います!
頑張っていれば必ず誰か見てくれている人がいたり、
社歴や肩書きに関係なく、誰でも親身になって相談に乗ってくれるところも
女性としては安心ですね!

VIEW MORE
CREATOR

RECRUIT

イースト・ファクトリーに集まっているのは
好きなことも得意なことも異なる個性的なクリエーターたち。
私たちのアイデアと技術、そして情熱を紡いだ創作の数々が、
世の中を豊かに彩っていけたなら幸いです。

MORE